作業服のサイズ選びのポイントとは

作業服のサイズを選ぶ際、何となくで決めていませんか。私服のサイズや日常的に多く利用するサイズを選び、試着もせずに決めてしまうといったことも多いかもしれません。しかし、作業内容や作業服の素材が変われば最適なサイズも変わってきます。

ここでは、作業服のサイズを選ぶ際のポイントをいくつか紹介したいと思います。


作業内容を考えよう

作業のしやすさは作業内容にどれだけ慣れているかといったことも大切ですが、どういった恰好で作業をするかにも左右されます。例えば、長時間、温度の低い場所で作業をする必要があるなら保温性に優れた作業着が良いですよね。

しかし、必ずしも作業に最適な作業服が用意されているとは限りません。また、体感は人によって異なるので、作業服だけで暖かいと感じる人もいれば作業服だけでは寒いと感じる人もいるはずです。作業服だけで問題のない人はピッタリしたサイズを選んでも良いと思いますが、作業服だけでは寒いので重ね着をしたいといった人には余裕があり、ゆったりとしたサイズの方が使いやすいのではないでしょうか。

また、細かい作業をする場合には、作業服がだぶついてしまうと作業の邪魔になってしまうかもしれません。いつもよりもきつめのサイズを選んだ方が作業をしやすいといった場合もあるので、よく検討することが大切になります。

作業着のサイズは作業内容を考慮して選ぶことが得策です。

素材を考えよう

作業服のサイズ選びでは素材を考えることも大切です。伸縮性のある素材なら、少しきつめのサイズを選んでも良いかもしれませんが、伸縮性が全くない素材なら、いつものサイズを選んでも窮屈に感じるかもしれません。特に、身体を頻繁に動かさないと作業が出来ない場合や多くの道具をポケットに入れて作業を行う場合には、慎重にサイズ選びをすることが大切になります。

たかが作業服と思うかもしれませんが、動きやすいかどうか、作業を進めやすいかどうかによって作業効率も変わります。素材を考慮した上で最適なサイズを選ぶことが重要です。

サイズを見直そう

作業服を購入するたびにサイズの見直しをする人は少ないのではないでしょうか。既に着用している作業服に不備がない限り、サイズを変更しようと考えることはないですよね。今、着用しているもの、前回、着用していたものと同じサイズを注文するだけという人が大半かと思います。

もちろん、作業服のサイズが豊富に用意されていない場合には、いくらサイズを見直しても選択肢がない状態ですので意味がないかもしれません。しかし、サイズが細かく設定されており選択肢が多い場合には、都度、自分の体型に合わせてサイズを検討することがおすすめです。

数値自体は変わっていなくても肉付きなどが変われば、サイズを変更した方が楽といった場合もあります。また、着用しているうちに作業服が伸びたり広がったりしてしまうなら、小さめのサイズを選んだ方が長く使えるかもしれません。

作業服のサイズは1度決めたら終わりではなく、その都度、見直すこともおすすめです。

サイズの選び方

作業服のサイズを選ぶ際は、着用して圧迫感のないこと、無理なく作業をこなせることの2つがポイントになります。いくらサイズがピッタリでも、締め付けられる部分があれば長時間の着用には向きません。苦痛を感じながら作業をするのは嫌ですよね。

出来るだけ違和感が少なく不快と感じる部分がないようにサイズを選ぶことが大切です。また、サイズを選ぶ際は、作業をする場合を想定した上で考えることがポイントになります。サイズが同じ作業服でも、着用しただけの状態と一定の動きをする場合ではサイズの感じ方が変わります。

試着出来るなら、作業に必要な動きなどをし、窮屈に感じる部分がないか、作業が無理なく行えるか、よく確認した上でサイズ選びをすることが大切です。

困った場合の対処法

自分にピッタリのサイズがあればサイズ選びはそう難しくはありませんが、選択肢が限られていると判断に迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。また、上下で異なるサイズを選びたいといった場合もあるでしょうし、その時々によって使い分けることが出来るように大きめと小さめの両方のサイズが欲しいといった場合もあるかもしれません。

個々の希望に沿う形で販売してもらえる場合には良いですが、実際には上手く行かないこともありますよね。そうした場合には、大きめのサイズを選ぶことがおすすめです。というのも、小さいものを大きくすることは出来ませんが、大きいものを小さくすることは工夫次第で可能だからです。

袖が長ければまくれば良いでしょうし、ズボンの丈が長いなら裾上げをすれば何とかなります。しかし、短い袖の長さを伸ばすことは出来ませんよね。自分に合ったサイズを見つけることが1番ですが、ピッタリのサイズがなく、大きめか小さめかの2択になってしまうなら大きめのサイズを選んだ方が使い勝手は良いです。

口コミを参考にしよう

作業服の注文をする際、実際に試着出来るとは限りませんよね。サイズの具体的な数値を教えられて、試着せずにサイズを選ばなくてはいけないといったことも多いのではないでしょうか。そうした場合には、既に作業服を着ている人に話を聞くことがおすすめです。

どのくらいで買い替えが必要になるのか、着用期間が長くなるとどの部分に不備が出るのかといった点は、実際に利用している人には分かっていることです。何となくサイズ選びをしてしまうのではなく、分かっている人に尋ねて判断材料を集めてみてはどうでしょうか。

社内で気軽に質問出来る人がいないと言った場合には、インターネット上で口コミ情報を探すことも役に立ちます。有名なメーカーの作業服なら他社で採用されている可能性も高いですし、メーカーの評判や作業服の着心地といった口コミ情報を探すのは、そう難しくないと思います。

全く同じ作業服の口コミ情報はなくても、素材が似ているものや同じメーカーが作ったものなど、何かしらの情報は見つけることが出来るはずです。何となくではなく集めた情報を参考にしてサイズ選びをした方が失敗は少なくなりますよ。

作業内容や素材を考慮してサイズ選びをしよう

作業服のサイズを選ぶ際は、作業内容と服の素材に注目することがポイントになります。作業内容が変われば最適な作業服は変わりますし、作業服の素材が変われば動きやすさなどが変わります。そのため、作業に支障をきたすことがないようサイズ選びをすることが欠かせません。

また、数値は変わらなくても体型が変化することもあります。

都度、サイズを見直すことも大切です。

関連リンク(ユニフォームタウン > 作業着)https://www.l-m.co.jp/work/