作業服に反射テープをつければ安全性が高くなる

屋外の現場では、スタッフが安心して仕事に専念できるように配慮することが大切です。作業服に反射テープをつけていれば、車のライトを照り返すのでよく目立ちます。特に、夕方以降の夜間に仕事をする場合に最適です。

林業など、山の中で仕事をする業種にも適しています。また、ヘルメットなどの備品に反射テープをつけることも可能です。これから作業服に関する詳細を説明します。


作業服は種類が豊富

建設業や土木業、製造業など、あらゆる職種で作業服が導入されています。作業服には、デザインにゆとりがあって動きやすいという特徴があります。そのために、体を締めつけることなく、快適な状態で仕事に専念できます。

しかも、作業服は種類が豊富なので、選択肢が多いです。デニムやポリエステルなど、季節や目的に合わせて、生地を選ぶこともできます。また、トップスとボトムが分かれているセパレートタイプは、着脱しやすい点が特徴的です。

ツナギは腰や腹部を完全に覆っているので、ホコリなどが侵入する心配がありません。仕事の内容に応じて、現場にふさわしい作業服を選びましょう。作業服のトップスとして、ジャケットやブルゾン、ベストなどが販売されています。

袖や丈の長さが違うので、各特徴を把握しながら選ぶことがコツです。複数のトップスを用意しておけば、夏季と冬季で使い分けることができて便利です。速乾性に優れたメッシュ素材や、保温性が高い木綿など、生地の機能も比較しましょう。

ボトムスの種類は、スラックスとカーゴパンツが一般的です。スラックスの特徴は、スリムなシルエットです。カーゴパンツは、太ももやふくらはぎの部分にゆとりがあります。尚、ストレッチ素材の作業服は、肘や膝の部分が伸びやすく、生地が傷みにくいです。

丈夫で長持ちするために、コスパがいい素材です。

作業服を新調する予定があるなら

職場で作業服を新調する場合は、デザインに配慮することがポイントです。特に、作業服のカラーは慎重に決めましょう。ブラックやブラウン、ネイビーの作業服は、汚れが目立ちにくくなります。グリーンやブルーなど、企業のイメージカラーを意識すれば、仕事内容やポリシーなどをアピールできます。

また、作業服に企業やロゴなどを刺繍することも可能です。スタッフの名前を刺繍しておくと、作業服の紛失を防げます。尚、真夏でも作業しやすいように、空調服を購入するケースが増えています。空調服にはファンがついており、作業服の中で風を循環させます。

溶接や高炉など、気温が高い現場で働くスタッフにも最適です。撥水加工や帯電防止など、スタッフの安全を守るための機能がついた作業服もあります。撥水加工をほどこしていれば、急に雨が降った場合でもスタッフが濡れる心配がありません。

帯電防止の作業服は、電気工事を行う現場で重宝されています。静電気が発生しにくい素材の作業服もあり、引火事故を予防できます。さらに、高所で作業をするスタッフのために、ハーネス装着に対応した作業服も販売されています。

反射テープのメリットについて

日没後も屋外で作業するなら、高視認性の作業服が適しています。イエローやオレンジなどの目立つカラーなので、遠くからでもスタッフの存在を確認できます。道路工事や交通整理など、夜間に車の通りが多い場所で働くスタッフに最適です。

昼間でも光が差し込みにくい林業でも、高視認性の作業服なら安心です。作業服のほかに、ベストやレインコートもあります。また、反射テープがついている作業服も販売されているので、チェックしてみましょう。

胸や背中などについており、よく目立ちます。

看板や車の看板などの光を照り返すために、夜間でも反射テープの効果は高いです。反射テープを購入して、ヘルメットや安全靴などに貼って使う方法も有効です。

蛍光色のほかに、レッドやシルバーなど目立つカラーの反射テープも販売されています。反射テープを購入する時は、幅を見比べて選びましょう。中には、複数のカラーがセットになったものもあります。

通信販売でも購入することが可能

通信販売でも、作業服を取り扱っています。事務所のパソコンから申し込めるので、とても便利です。また、法人登録をしておけば、特典を利用できます。作業服のサンプルを無料でレンタルできるのは、法人登録の大きなメリットです。

実際に、作業服の生地や着心地を確かめられます。サンプルが気に入ったら、そのまま購入手続きを申し込むことも可能です。さらに、じっくり作業服を選びたいなら、カタログの送付を依頼しましょう。カタログは無料なので、費用に関する心配はありません。

カラー写真が多いために、参考になります。

ポロシャツやソックスなど、小物を扱っているカタログもあります。2Lや3Lなどのサイズが大きい作業服も取り扱っており、品ぞろえは豊富です。通信販売で購入したい作業服が決まったら、すぐに見積もりをお願いしましょう。

見積もりは無料だし、必要事項を記入してクリックすれば、短時間で代金がわかります。作業服の代金のほかに、正確な納期を知ることもできます。また、法人登録で大量に作業服を注文すると、割引などの特典を受けられるのでお得です。

ほかに、送料無料などの特典もあり、コスト削減を実現します。

作業服が届いたら確認したいこと

事務所に作業服が届いたら、すぐにスタッフに渡してサイズを確認してもらいましょう。着心地や動きやすさをチェックすることが大切です。サイズの合わない作業服を着ていると、動きが制限されてストレスを感じます。疲労の原因になるので、要注意です。

また、スタッフの名前を刺繍している場合は、間違っていないかどうか確かめましょう。尚、返品や交換を申し込みたい時には、ただちに通信販売に連絡を入れることがポイントです。なぜなら、返品や交換の期日が定められているからです。

しかも、送料が発生する可能性もあるので気をつけましょう。あらかじめ返品や交換に関する項目を確認しておくことがコツです。

作業服を選ぶコツ

作業服を選ぶ時は、デザインや機能性についてチェックすることが大事です。スリムなシルエットの作業服もあります。また、帯電防止など、スタッフの身を守る機能がついていれば安心です。特に、夜間も作業する現場なら、反射テープがついた作業服が適しています。

尚、作業服を通信販売を利用して購入することもできます。積極的に、お得な法人登録を活用しましょう。