作業服を新調するならウエストのサイズが重要

新たに作業服を購入する時は、スタッフの体型に合うサイズを選ぶことが大切です。正式に注文する前に、スタッフのサイズを測定しましょう。

特に、ウエスト周りを正しく測定することがポイントです。ボトムスを選ぶ場合の決め手になるからです。尚、作業服は通信販売を利用して買うこともできます。法人登録をすれば、サンプルの無料貸出などの特典もあります。

これから、作業服について詳しく説明します。

現場で重宝されている作業服

仕事をする時に、作業服を着用する職種はたくさんあります。建築業や製造業、警備や電気など、主に肉体労働の現場で作業服は重宝されています。作業服を着るメリットは、私服を汚さなくて済むことです。黒や濃紺など濃い色の作業服ならば、泥や土、ホコリが付着しても、汚れが目立ちません。

また、耐久性に優れた生地を使っているために、破れにくいというメリットがあります。鋭い工具が作業服に触れた場合でも、生地が破れて、肌を傷つける心配は少ないです。作業服は機能性に優れており、スタッフの安全を守るために工夫されています。

帯電や制電の加工をほどこした作業服は、電気を扱う現場に最適です。電流を通さないので、安心して仕事に専念できます。静電気を予防できる機能がついていれば、引火事故を防げます。火災予防のために、作業服の機能に配慮しましょう。

さらに、雨天でも仕事をする現場ならば、撥水加工の作業服が適しています。水をはじく生地なので、肌に浸透する心配がありません。作業服を新調する時は、スタッフの意見も参考にしましょう。若者向けに、デザインにこだわった作業服も販売されています。

スラックスは細身のシルエットなので、脚を長く見せる効果があります。対照的に、カーゴパンツはデザインにゆとりがあり、体を締め付けません。また、リバーシブルの作業服は、気分によって変えることができます。襟や袖の一部が色違いの作業服もあり、おしゃれを楽しめます。


作業服は品ぞろえが豊富

ジャケットやジャンパー、ベストなど、作業服は品ぞろえが豊富です。夏季用に半袖のトップスをそろえて、一年を通して快適に働けるように考慮しましょう。さらに、生地の特徴について把握することも大事です。夏季は汗をかきやすいので、メッシュの生地を使った作業服が適しています。

汗を逃しやすく、体に熱がこもりません。速乾性に優れているために、洗濯をしてもすぐに乾きます。冬季は体から熱が奪われないように、保温効果が高いデニムやコットンがおすすめです。赤外線やヒーテック素材を取り入れた作業服も販売されており、屋外で働く現場で利用されています。

スタッフの熱中症対策をしたいなら、ファンがついた空調服が最適です。作業服の中で風が循環しているために、体温が上昇しません。長持ちするバッテリーならば、稼働時間が長くなり、充電の回数が少なくて済みます。尚、作業服とともに、防寒着を用意しておくと、冬季の屋外でも快適に働けます。

ジャケットのほかに、ロングコートの防寒着もあるので、現場の状況に合わせて選びましょう。丈の長い防寒着は、警備や交通整理の現場で活用されています。襟元や袖口に、ボアがついた防寒着もあります。夜間も仕事をする場合は、スタッフの安全性を確保するために高視認性作業服がぴったりです。

黄色や橙色など蛍光色の作業服なので、遠くからでもスタッフの存在を確かめられます。トラックや重機の出入りが多い現場では、事故に遭いやすいので注意しましょう。光が入りにくい山林の現場でも、高視認性作業服は重宝されています。

ほかに、反射板がついた作業服もあります。車などの光を反射するので、夜間の現場でも安心です。反射テープだけを購入して、作業服やヘルメットに貼ることもできます。

スタッフの体型に合わせて注文しよう

作業服を新調する時は、必ずスタッフのサイズを測りましょう。体型に合わない作業服を身につけていると、心身にストレスを感じます。窮屈な作業服は体を締め付けるので、動きにくくなります。また、ウエストがゆるいと、ボトムスが下がるのではないかと心配になります。

サイズが大きいと、襟や袖の隙間から風が入って、体温が低下する可能性もあるので気をつけましょう。スタッフがストレスを抱えなくて済むように、作業服を新調する場合には動きやすさを重視しましょう。特に、ウエスト周りのサイズを正確に測定することがポイントです。

ウエストの部分がきついと、血流が悪くなって、体に影響が出るからです。動きが鈍くなったり、体の具合が悪くなったりするので注意しましょう。

さらに、ふくよかな方に向けて、大きいサイズのボトムスも販売されています。ツータックのボトムスならば、デザインにゆとりがあります。ストレッチ素材のボトムスは、伸び縮みするので着脱が楽です。

作業服は通信販売を利用して購入できる

作業服を購入するなら、通信販売を利用しましょう。事務所のスマホやパソコンを使って、作業服を閲覧することができます。作業服が完成したら、事務所まで届けてもらえるので、運搬の手間がありません。サイズや値段など詳しい情報がホームページに記載されているために、最適な作業服がすぐに見つかります。

値段の上限と下限を設定して、作業服を探すことも可能です。ベストや安全靴などのアイテムも記載されており、品ぞろえは多いです。通信販売では、スタッフのネーム入りも受け付けています。ネームが入っていれば、作業服の紛失を防げます。

ほかに、会社名を作業服にプリントすることもできます。プリントは、マジックとシルクスクリーンなどの種類があります。マジックはカラフルな仕上がりが特徴的です。シルクスクリーンは耐久性に優れており、長期間の使用に耐えられます。

会社をアピールできるチャンスなので、各特徴を把握してプリントの方法を選びましょう。

お得なシステムを活用しよう

通信販売を利用する場合に法人登録をすれば、お得なシステムを活用できます。特に、サンプルの無料貸出は便利なシステムなので、積極的に申し込みましょう。ただし、サンプルの枚数は限られており、事前に把握しておくことが必要です。

また、カタログの無料配布も行っています。カラー写真が満載で、とても参考になります。

満足度が高い作業服を購入するコツ

機能性やデザインに優れた作業服を着用すれば、スタッフのモチベーションがアップします。スタッフがストレスを感じないように、体型にぴったり合う作業服を注文しましょう。特に、ウエスト周りを正確に測定することが大事です。

さらに、通信販売を利用して、作業服を購入することもできます。法人登録をして、お得なシステムを利用しましょう。