ツートンの作業服を選ぶメリット

ツートンカラーのデザインはファッションだけでなく車などの様々なアイテムに活用されています。作業服を選ぶときにもツートンを検討してみてはいかがでしょうか。メーカーによっては色々なパターンのツートンの作業服を製造しています。

この記事ではツートンの作業服を選ぶメリットを紹介するので、作業服選びの参考にして下さい。


作業服はモノトーンが多かった

ツートンの作業服を選ぶメリットを考える上で大切なのが、もともと作業服の色がどのようにして決められていたかを知っておくことです。作業服はモノトーンがずっと主流でした。

近年になってカラーバリエーションが豊かになりましたが、色も初期には青から紺色が主流で、その後になってグレーが登場してきたという歴史があります。モノトーンの作業服ばかりだったのには主に二つの理由があるので確認しておきましょう。

モノトーンが当たり前と思われていたのには歴史的背景があります。現代ではカジュアルファッションとして親しまれているデニムは作業服として生まれてきたものでした。生地が丈夫できつい作業をする現場でも長持ちすることからデニム生地が用いられていたのです。

また、デニムを濃い青色のインディゴで染色しているのは虫や蛇などが嫌うという説があったからでした。外敵から身を守る手段として作業服を捉え、全体をインディゴで染色してモノトーンにしていたのです。この影響で青から紺色が主流になり、その後もモノトーンというイメージが定着していたのでグレーの単色の作業服などが流通するようになりました。

一方、モノトーンが選ばれ続けていたのはコストパフォーマンスを上げやすかったからでもあります。作業服は作業中に人の身を守るためのものという考え方が根強く、丈夫であれば良いと捉えられていました。複数のカラーを使うよりも単色の方が染色するのは簡単でコストがかかりません。

作業服はひどく汚れたり、破れたりしたら新しいものに交換するのも常識的でした。単価を少しでも下げるためにモノトーンが維持され続けてきたのです。汚れを目立たせない、汗がにじんで見えないようにするなどといった配慮がだんだんとおこなわれるようになりましたが、色に着目して製品開発が進められるようになったのは最近のことです。

ツートンの作業服はファッション性が高い

ツートンの作業服はファッション性が高いのがメリットです。現場で作業をしている人たちも見た目を大切にしたいと考えるようになり、雇用者も配慮をする必要が生じてきました。自分で作業服を選んで現場に入っている人たちも、自己アピールをしたいと考えたり、他の人の視線を気にしたりするようになっています。

その影響で作業服のファッション性の高さが重視されるようになり、ツートンの作業服の開発も進んだという経緯があります。二色を自由に組み合わせ、色の配置も自由な発想で決められるのがツートンの特徴です。モノトーンに比べてバリエーションが豊かでデザイン性が高く、着こなしも楽しむことができます。

ファッションにこだわりたい人にとって嬉しい作業服でしょう。

ツートンは視認性が高い

ツートンはモノトーンに比べて視認性が高いのもメリットで、作業服としての適性を持っていると言えます。作業服は落ち着いた雰囲気を出すために薄いグレーを用いたり、歴史に則って濃い青色にしたり、安全のイメージを持たせるために緑色にしたりする傾向があります。

ただ、薄いグレーや濃い青色は薄暗い現場では見えづらいのが問題で、人がいるのかどうかを判別するのが困難になりがちです。いないと思っていたところに作業員がいて事故を起こすリスクがあります。その解決策として緑色なども用いられるようになり、安全のイメージが定着してきました。

しかし、緑色は屋外作業の際に草木に紛れてしまって視認性が悪くなるという問題を持っています。ツートンの作業服の場合には二色を使って視認性を高められるのがメリットです。

薄いグレーや濃い青色に白色を組み合わせる、緑色に黒色を合わせるといった方法ではっきりと見える姿にすることができます。グレーと黒色といった組み合わせでも薄暗いところでの視認性がモノトーンに比べると高くなるので安全性の高い作業服になります。

ツートンは組み合わせ次第で汚れが目立たない

汚れが目立たないことは作業服を着る際によく重視されるポイントです。

ツートンの作業服はモノトーンに比べて汚れが目立ちにくいデザインにすることができるのもメリットでしょう。汚れを目立たせないために濃い青色や黒色を使うのが基本です。

汗や油、薬品や土といった様々な汚れが付着する可能性があるのが作業現場です。液体の場合には付着によって色が濃くなるので、濃い色を使うと目立たないというのが基本的な考え方になっています。土のような汚れも濃い色のものが多いので、薄いグレーや白に比べて青色や黒色が好まれています。

ツートンの作業服にすると濃淡の異なる二色を使ってデザインすることができます。すると液体の汚れが付着した際に生じる濃淡が目立たなくなります。足元や手元のように土などの汚れが付着しやすいところを濃い色にすると全体として汚れが目立たないデザインに仕上げることが可能です。

ツートンへの変更は現場の意識改革になる

ツートンの作業服に切り替えるのは現場の意識改革にもつながるメリットがあります。雇用者が作業員に支給または貸与するときには重要な観点でしょう。濃い色合いの作業服は暗い雰囲気を出してしまいがちですが、ツートンにして薄い色を混ぜると明るい雰囲気が生まれます。

視認性についての理解を促すことで安全性への意識も高まるでしょう。ツートンでデザインも優れている作業服を選び出せば作業員からの評判も良くなります。仕事に対する意欲を高め、いつも明るい気持ちで前向きに取り組んでもらえる環境を作る上で重要なアイテムになるのです。

雇用者の立場から現場の意識改革を図るときにはツートンの作業服を検討してみましょう。

ツートンの作業服はメリットが多い

作業服はモノトーンにこだわる必要はなく、むしろツートンを選んだ方がメリットがたくさんあります。現場の意識改革にもつながり、高いモチベーションと安全意識を持たせることができるでしょう。ツートンの作業服はバリエーションがたくさんあるのでブランディングにも使えます。

積極的に活用して作業員の意識を高めましょう。